高い技能により創り出される確かな一品


旭福祉センターが昭和54年より取り組んでいる代表的な就労事業が、
陶芸品制作を行う「落穂窯」です。
専門の指導員により、鹿児島の代表的な伝統工芸品「薩摩焼」や、
より実用性の高い「オリジナル製品」の生産・販売を行っております。

 

土づくりから窯出しまで
繊細な感性と経験により培った技術力はまさに職人芸

 


繊細な感覚による精度の高い技術が求められるろくろでの成形や上絵付け。
はい土・素焼き・釉薬・本焼などの行程では、的確なタイミングを見極める力が必要となります。
現在では製造工程のほとんどが利用者の皆さんによって行われ、
その技術力とクオリティが、地域の皆さまに高く評価して頂いております。

 

 

伝統工芸品「薩摩焼」

 

薩摩焼を代表する一品「黒千代香」 白薩摩の細口花瓶 繊細な絵が施された白薩摩の茶碗

 

引き出物などの贈答品や記念品しても大変喜ばれ、

多くのお客さまにご利用いただいております。

 

 

自由な表現・発想を取り入れて

 

手書のイラストが際立つ手作り陶器 食事雰囲気に合わせて選べるカップ 木の葉の線香立て

 

 

スタッフの声

 

 

■陶芸班  上山さん


陶芸の絵付は金書きを一個ずつゆっくりと書いています。
かわいてから色ぬりをしたり、絵の具を混ぜてぬったり
しています。いい作品作りたいけどなかなかうまくいきません。
次からはうまくなっていきたいです。


 

 

 

 

 


このページの先頭へ